カテゴリ:

いやあ ごぶさたごぶさた。
パーティのレポできずにおります^^;

fa4dd9b4.jpg


なのに、今日は「あらためて思うこと。」を
おもむろに書くモードに。

それは10年間、あまからで過ごしたことは何げなかったようで
たくさんの糧になるご縁をいただいていたんだなぁと
あまから引退~次の11月までという
長いようで短い期限付きインターバルを
これらご縁と共に過ごしながら
それを日々しみじみ感じている ということ。

若いころ(といっても30代そこそこ...なのに) は
「人脈は宝の山」的な話をよく聞いたりして頷いていたけれど
その意味が当時はよくわかりませんでした。
「自分が研鑽を重ねた先のほうがよっぽど宝の山になるのでは?」と
人生の中でそれを実感できることがあるのか否かに
心底懐疑的な部分が大いにあったのですが
あまからで10年を経た今、それを実感することができています。
それ以前の数十年には感じなかった感情です。

興味深いことに、この「人脈は宝」の意味には
「ポジティブ」「ネガティブ」両方があり
少なくともどちらのカテゴリも、自身の糧になり
大いに成長させられたなあ、と素直に思えるわけで。

ほとんどの「ポジティブ」なものは、取り入れたり、励まされたり
真似したり、ありがたく受け取ったり。
そしてたまに出る「ネガティブ」なものは、不快感とともに
反面教師としたり、いやいや意外に成長させてくれたり。
そしていずれもの「新しい出逢い」は新しい自分を作ってくれたと感じるし、
旧知の人においては、あらためて自然発生的にふるいがかかったり。

残りの人生の時間のほうが短いので、人との関わり方においては
より充実できるほうへ時間をシフトする術を学んだ気すらします。

先日バッタリ近所のスーパーで出会ったあまから常連のお客さんに
「あなたたちのこんなとこがダメだった」
「あの店はたいしたことなかった」
「あなたたち中途半端だからどうせ目標達成できないと思ってた」などなど
延々とダメ出しされたという出来事があり、予想外だったので
少しさみしく感じましたが、その出来事でわたしがあらためて思ったこと。

それは、10年間積み重なった人脈は、甲乙その他多様でありましたが
それでもすべてわたしの糧になったと、断じて心から思えるのです(´▽`)
この出来事のおかげで、さらにあらためて感謝すべき人たちに
その気持ちと義理人情をあらたにできたというか。

そして心の糧とは別に現実的な話でいえば
そもそも10年前! わたしたちはこんなにたくさんの人たちと
まったく知り合いではありませんでした! (/・ω・)/
それが *あまから* ~ 「その先の手前」へ行く過程で
わたしたちはこの人脈たちに背中を押してもらい
そして実際に支えになってもらい、道を拓いてもらい、
勇気づけてくれています。 
人を思い、行動できるパワーってすごい( ;∀;)
おかげさまで、わたしたちは闘志と闘魂そしてキラキラの目で
しっかり前を向いていられます。 謝謝♪

パーティレポもさることながら
これも振り返ってみる *あまから*の大事なお話 ^^

ではいつかのその先のどこかでまた。


ともこ*