アーカイブ

2007年01月

重要課題:屋号を決める(続き)

カテゴリ:
お待たせしました 続きで~す



そんな開店まであと数日をきったある日。
ともこちゃんは準備にくだびれて口田にある
「スーパー銭湯ゆーぽっぽ」へ。
あたまの中は屋号のことばかり。
「あ」から順番に毎日毎日色んな単語が浮かんでは消え。

そしてそれは突然、天井からふってきた。
ぶくぶく泡の出る寝そべって入る真ん中の風呂で
天井見上げながら、アングリ口をあけてウツロな目をしていると
本当に一文字づつ天井からふってきたのだ。
「あ」…「ま」…「か」…「ら」…
天から垂れ下がる蜘蛛の糸さながら。   
ふーん「あまから」かぁ。。。
「あまから」!!!え~~~「あまから」!!!! お~~どんぴしゃり

ともこちゃんは急いで脱衣所に走っていって
リボちゃんにメールをした。
How do you thinkっ? いきなり英語。
どうやらどんぴしゃりときてくれたらしい。
かくして*あまから**あまから*になったのだ。
意味不明気味だけどホントの話

よくお客さんに店の名前の由来を聞かれるが
このパターンで説明してもはよくわからないので
*あまから*の由来は「人生 “あま”くて “から”いから」としている。
事実そうなのだ。「人生は甘くて辛い。」
甘くて楽しい時もあるけれど、辛い時期もあるし
辛くてつらい壁を乗り越えたら
また甘くて素晴しい時が来る。人生その繰り返し。
「人生、あまからです。」

そんな哲学的な?! 屋号は「風呂屋の天井」ならぬ
「風呂屋の天空(あまから)」から降ってきた。
。。。おあとがよろしいようで。

*あまから*
 っていい名前だね。と思ってくださる方は


        押しといてくださいね 感謝
 




ともこ

カテゴリ:
これも結構、脳みそが疲れた。
どの店主さんでもそうじゃないかな。
いつかはお店を、と思っていたときには
実はお店の名前は決まっていたようで
それも「たこ坊いか坊」 
・・・息子の名前の頭文字から取ったものだ。
(ちなみに息子は「卓望」「郁望」で「たくみ」「いくみ」と読む)
可愛くて悪くないんだけど、たこ焼といか焼のお店みたいだし、
耳的にもうーんイマイチなのかなぁ?
で、ちょっぴし呼びにくいので却下。

次に大大候補としてあがっていたのは「さくら」
これは私の母が自分のことを「さくら」と呼ばせているのだが
その母にちなんで、と。そして3文字は呼びやすい。
っと、ほぼ気持ちの上では決まっていたのだが…
な・なんとある日思わぬものが新聞チラシに入った。
同じ戸坂プラザ内の予定地3件となりに内科クリニック新設!
その名も「さくらクリニック」様。。。
ぁ゛イタタタタタ → ザ・断念。
(あ 先生~いまはお蔭で良い屋号に恵まれたので感謝してますっ)

ほかに上がったものとしては「ひょっこりひょうたん島」
これは店主の好きな[井上ひさし氏]の脚本したテレビ番組の題名。
だけどこれは著作権うんぬんにひっかるのでは…
まぁなにしろ長い。 ということで、却下。
じゃ、「ひょうたん」にする? でもこれじゃなんだか
たこやき屋さんというよりも、1杯飲み屋みたい?! で却下。
自宅本棚が井上ひさしの本で埋め尽くされているほど好きならば
なにか[井上ひさし氏]にまつわるいい名前はないかと
考えてもいたらず。。。

まぁその間あれやらこれやら、出ては消え出ては消え…
「大福」「はなのや」「千成」「実名で苗字」…etc

で、最終的に決まりかかったのは「はづき」
これは店主の生まれ月8月の旧暦読みで、まぁ洒落た感じで
これにしよっか、と、もうほとんど決めかかって
この名前で届出を出したところもある。 
…が、なんだかどんぴしゃりとこない。
このまま20年も使う店名にしちゃっていいのだろうかぁ。
と思いながら・・・・・









  この続きが読んでみたいなぁと思ってくれる方は。。。


        押しといてね がんばって書きますので
 




ともこ

カテゴリ:
年末年始は事務処理がたくさんあり過ぎて毎度混乱。
お昼間の仕事は9月末決算なので、11月末の申告までに
経理処理~まとめの作業が山盛り 
  ↑毎月ちゃんとやっている人はこういう目には合わない
わたしのようにB型のノー天気どんぶり娘は恐ろしい目に合う。

申告が終わったかと思ったら、書類を分類して保管するなど
結構やることもあり、ほったらかされた10~12月の月次処理に
取り掛かり、そう思ったらまたまたすぐに12月末が近づいて
給与計算→年末調整→還付金処理→源泉徴収票配って大掃除。
明けたかと思ったら、工業統計調査表提出の雑務があって
→市町村やら税務署に数字のまとめを届出して
→市町村に償却資産の届出。。。 っと思ったら
あ~~~またまたもう1月末がやってくるしっ
いずれこれを2箇所分やると思ったら、はれ~~~なんだか
気が遠くなっていくぅ~ シワが増えるぅ~

あまからは今年初めてなので、毎日目の前のことを追っていると
なんと経理処理はほぼ手付かず状態。
とにもかくにも、まだまだ毎日営業をこなすのが精一杯で
果たしていったい全体、3月15日までに確定申告ができるのか。。。?
(その前に償却資産申告書出さなきゃ 1月末まで! 
っって、 あさってじゃん?! これも手付かず。)
もう今の段階でどうなるんか不安で、逆にヤル気出ん 爆

夕方の営業~22時に閉店して、かたずけ終わったら
早くて0時、通常1時くらい@クタクタで~~~
帰宅して風呂はいったら寝るのは、2時3時。。。
ちなみに起床は9時くらいなんだけど 
(もっと早く起きれば良いのだが…断固として起きれぬ )
それから会社行って、夕方からあまから出て、かたずけたら1時で。。。
いつやれば良いのか不明なほどたまった事務処理。

ふふふ それでもヤルのだ。
ノー天気なB型にこそデキる技。と自負している。
 
ちなみに家事は。。。   ほぼ全面、息子の仕事です。


「洗濯から風呂掃除、床掃除、台所掃除 
  がんばる息子、なかなかえらいね~」 と褒めてくださる方は。。。

        押しといてね 
 




ともこ

お若いお客様の時間帯

カテゴリ:
*あまから*にはお若いお客様もたくさん来ます。
お持ち帰りのおやつメニューが安い。破格なんです。
店主が子供のおこづかいでも手が届くようにと
まじでその信念で価格が設定されてゆきました。

どうしても譲らなかった「たこ焼4個で100円」
ともこ「原価考えたら、やっぱ3個がギリギリじゃぁ~ないの?」
店主リボ「い~や、それじゃぁ貧相だ。」 
ともこ「じゃ4個で120円とか」
店主リボ「い~や100円じゃないと子供が買えない」
ともこ「はいはい


【たこ焼】 お持ち帰り価格

たこ焼 4個  100円
たこ焼 8個  200円
たこ焼 12個 300円



←4個 100円!







マヨネーズたっぷりかけ 8個 300円
ねぎたっぷりかけ 8個   300円


【100円以下のおやつシリーズ】

◆コロッケ    50円
◆カレーコロッケ    50円
◆春巻      50円
◆フライドポテト 100円
◆手作り 鶏のからあげ 3ヶ 100円
◆ジュース 小50円 大100円     ほか


そんなわけで、夕方や土日の午後には
*あまから*は子供達で群れていることもめずらしくない。
店内の床はズックの裏に付いた土で真っ白け。
ソースやかつお節が飛び散り
わーわーキャーキャー児童館さながらの状態になり
店主は「リボチャーン」と呼ばれている
揚げ物大戦争勃発。

だけども戒めるべきときはちゃんと戒める。
使いすぎる子には、ある程度以上は売らない。
お家の人にちゃんと言ってあるか確認する。
ご挨拶がちゃんとできない子には言えるまで
「こんにちわ」という。(高校生くらいでも。)
ほかのお客様がいるときにはお行儀よく。
・・・ともすればうるさいおじちゃんとおばちゃんだが
みんなけっこう素直に聞いてくれるので
(中学生や高校生も案外、素直だ。)
なにやら安堵することも。。。

そういう若いお客様はいま50円100円のお買い物で
いるけれども、きっとあと10年経って
20歳を超えて、社会人になり、お酒を飲めるようになったら
鮭の遡上のようにきっと家族や同僚を連れて
*あまから*に戻ってきてくれるのだ。。。
子供のころ通っていたなつかしいお店に帰ってきてくれる。
そんなお店になればなぁ・・・と


そんな夢を持って、日々若いお客様と接して(格闘)している
    *あまから*を 応援してくださる方は・・・

        押しといてね 
 




ともこ

カテゴリ:
昨日の「店主@リボちゃんの経歴」の

旅行業務と 県立広島病院 の間に
さくら庵:天満屋緑井店店長 を忘れていた。
  (書いておけ、とゆわれた 一番「らしい」から)
  大判焼マスター そして今も売られている
  「お好み焼」を商品化したのはリボちゃんである。
  ちなみにレジのところにある値段表は
  ともこちゃんがワープロ打ちしたものが
  いまだ置かれている。。。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

「開業動機@プチ続き」

ではなぜ今か?
それはそろそろこのヘンで考えねばならんじゃろ。
というところ。

よく「定年迎えて第2の人生で…」というのを
耳にすることがあるが、それはそれでよし。
だけどわたし的には少しでも若いうちに
やっといたほうが体力的に楽だし有利だと思ったし
まぁ子供も金がかかるようで高校出た(ようなものな)ので
いるとしても自分でなんとかせねばならん年だし
これまで家庭のことも考えて、あまり気乗りのしない
仕事をお父さんとしてがんばってきたのだから
あとは自分の好きな仕事を1日でも早くやったらば?と
背中を押してみたのだ。
たとえ大借金で転んだとしても、子供も独立できる年だし
リボとともこが橋の下に移れりゃーええだけじゃけぇ。
山積みの退職金が用意されたポジションにいるのなら
それをもらってからでも良いが
ま そんなものは皆無の状況だしね。
んじゃ、いつやっても同じなら早いほうがいい。

同じこの仕事、この作業を60歳でしているにしても
60歳になって、新しく始めるとしたらそれ相当の
エネルギーがいるだろうけども(だって今でも大変だもん)
でも継続して60歳を迎えるならスムーズにいくだろうと。
だから少しでもパワーのあるうちに興しておいたほうが
よろしいと思ったわけです。

ちなみに細木数子のアレによると、2007~2009年は
リボちゃん大殺界です。でもだいじょうぶ。
前年なら商売始めてもよかったようだし
3年も待ったら、アンタ、おっちゃん52歳ですよ。
わたしのお父さんは52歳でガンで亡くなりましたから
それを思うともう時間ないわ~~~。
早よしよ早よしよっ と県病院に辞職を申し出たわけです。
(そりゃーこの人格ですから引き止められましたが
 自分自身のための人生ですからね )

そんなわけでこのタイミングでの開業。
あとがあるようなないような。

そんな2人を応援してくださる方は。。。

     押しといてね




ともこ

カテゴリ:
それはずばり店主の若かりしころからの願望。ですかねぇ~
なにやらすでに20代ごろから「いつかはきっと飲食業!」との
あわいビジョンがあったようです。

 店主@リボちゃんの経歴

大阪市内に生まれ育つ
早稲田大学 受験(した)
松竹芸能 漫才師 
   テレビにも出ていた(『突然ガバチョ』など)
   同期は「ダウンタウン」など
旅行業務全般にたずさわる。
   海外国内、旅行業も営める資格をもつ。
県立広島病院勤務
   健康相談室で業界の幅広い知識を得る。

その他、就いた職業は数知れず。
なのでキリがないのでこのへんで。。。


そして今までの経歴がまさしく反映されていない
*あまから* 2006年6月6日オープン!!

いや~よくお客様に聞かれるのが
「マスターどっかで修行しちゃったん」とか
「今までどっかで飲食をしよっちゃったん
と、こう聞かれるたびに夫婦顔を見合わせて、
なんと答えようかと。。。で、こう答える。
「いや、はぁ、まぁ、ちょっと。なきにしもあらず。」

どこで練習したかといえば、それはまさしく「家」
だから*あまから*の味は、店主@リボちゃんが
幼少から食べてきた大阪の記憶をよみがえらせた
広島のどこにもない*あまからオリジナル*です。
こりゃぁ右に出るものはいませんヨ!!
その上、とても研究熱心で、特にお好み焼・たこ焼の命の生地!!
これには本当に余念なし。
こうやったらもっと旨くなる!!こうやったらもっと旨くなる!!の
気合でオープン時よりも、改良に改良を重ねて
半年経った今、さらに美味しくなっているんですよ~。
(B型のわたしにはとても真似できませんっ)

それから広島には「旨いっっ!!」とつぶやける
関西風のお好み焼やたこ焼が。。。ない。
(そりゃココは広島だからねトーゼンだけど)
ないなら、作ってみんなに食べてもらいたい~~~な思いで
*あまから*はできあがった訳です。

思いの込められたフワっとほっこり
  『関西風 あまからオリジナルお好み焼』です


そんな開業動機 そしてこれで定年ナシ!! 
いけるとまでゆくのさ~~~


ともこ

カテゴリ:
いま見たら。。。 順位アップ1位のとこ!!

トップページの1番目立つ所に出てる。きゃーーー

そこのオレンジ色の「広島ブログ」ってバナーをクリックしてみて~  
(バナーの貼り付け方とやらがわからない )


昨日の午前中に四苦八苦な思いでたどたどしく登録して
いつのまに出してもらったのかわからないままいたら
夕方には「新着ブログ」見ました~って
広島ブログから、masamiさん家族が来てくださってビツクリで
定休日の今日寝る前チェックしたら、なんと!!

「まぜ焼は…」「べちゃべちゃで…」「うんとかすんとか…」
まぁ食べる前からほんと痛烈にヤリを突き刺す人もいるけど
旦那さんの作る関西風お好み焼ってすっごい旨いんよ
わたしも生粋の広島人だから関西風はねぇ。。。って
その感じわかるけど、たぶん「あまから」の関西風食べたら
へぇ~~~ これはこれでイケるじゃんっと思うわけ。
超広島風お好み焼好きなわたしが思うのだから
たぶんみんなそう思うと思うけどな~。
でもそりゃ食べてみて、まぁ別にそうでもないかなっと思えば
それはそれで好みの問題だから~

と、まぁなかなか認知されにくい関西風のお好み焼と
そのつれづれをわたしな感じで
伝えていけたらなぁ~っと思っている。


ともこ


で、そうそう。「広島ブログ」に登録してみたので
まぁ良かったらそこの右上にある「広島ブログ」ってオレンジ色のバナーを
押しといてください~ 押しといてください~ ふふ 

 (やはりバナーの貼り付け方とやらがわからない )

「広島ブログ」とは、広島にまつわるブログで構成された
広島人のためのコミュニティだそうです。

広島に住んでいる人のブログや広島に関するブログが
登録されていて、それらがランキング形式やら
カテゴリ形式でで紹介されています。
いろんなことがわかるし、へぇ~っと思うことも。
うーん時代はすごいことになってるのだ。 ← 年寄りちっく?

カテゴリ:

あまからがオープンして半年。
ブログを書きはじめて3ヶ月くらい。
検索エンジンの枠にあまからの文字を入れると
引っかかりはじめた~~っ

あまからはホームページ(を作るヒマと技術)がなく
わたしだけがウロウロ覚えでこのブログを
汗まみれで更新しているのだが、なんと当初は
うんともすんともかすりもしなかったのが出てくるようになったのだ。
うーん物理的にどういう現象でこうなるのかは
不明ではあるが、それはきっとこなき@ちゃんが
いっぱい記事を載せてくれているのもあるだろう 感謝感謝。
そのうち「あまから」といれたら一番上に
出てくるようになったらよいなぁ~

ちなみに現在はyahooとGoogle
 「関西風お好み焼 あまから」と入れたら
案外、上の方に出てくるんですよぉ。
試してみてねっっ ←て そんなにヒマぢゃないかっ


ともこ

カテゴリ:

昨日と今日のあまからはとってもとっても暇でした。。。

こんな日もあるよね
きっと毎日バタバタしているから、たまには休みなさいよ、っと
休憩をくれているのだ。きっと。。。

でもそうやって言い聞かせている休憩してる日
けっこう多いかも。 

う~~~~~~っっ
そのうちに並んで入れないほどの店になるさっ


ともこ

<ケーキ>と<あまからビルディング>

カテゴリ:
今日は超常連のNH氏がケーキを買ってきてくれました。
 これ NH氏。

別にな~んのイベントでもないのですが
アルバイトのしおちゃんと「ケーキ好きだよね~」っと
(多少わざとらしぃ?!!)話題にするとうれしそうに向かいの
ザ・ビックに買いにいってくれました~~~
(ここゎスナックかっ) ←1人突っ込み。


超常連NH氏は超常連になって、退職金もドカーンとつぎ込んで
将来は『あまからビルディングを建てるぞ~!!』などと言っています。
酔っ払うと毎度その話が出ます。
ディープなあまからファン?! それともただの酔っ払い?!

しかしまぁ、うれしいぢゃ~ないですか
夢はでっかく望みは高く【あまからビルディング】かぁ~ 
ケラケラ笑いながらも、密かに現実化もアリ?! なんて
ひそかにひそかに [叶えるリスト] に登録する
暇ナシともこだったりする


ともこ

このページのトップヘ

見出し画像
×